近江の春「びわ湖クラシック音楽祭2018」公式サイト|滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

おかげさまをもちまして、終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

News&Topicsニュース&トピックス

【特別コラム】マイケル・コリンズとの共演に寄せて  小川典子

5/4中ホールで行われるクラリネット奏者のマイケル・コリンズさんとピアニストの小川典子さんは実は旧知の仲。とても貴重なエピソードを小川典子さんよりいただきました。 是非読んでください。

---------------------------------------------------------------

マイケル・コリンズとの共演に寄せて           

小川典子

 「近江の春・びわ湖クラシック音楽祭」で、世界最高のクラリネット奏者マイケル・コリンズとの共演が実現することになった。私のデビュー当時、7年間デュオとして共に活動をしていたが、今回はそれ以来20数年ぶりとなるので、本当に楽しみだ。 ロンドン生まれのマイケルは、ごく普通の家庭に育ち、家の近くの公立小学校に通っていた。その小学校にある日、オーケストラがやってきた。壮大な音の響きに魅せられたマイケルが、体験学習で触れた初めての楽器がクラリネットだった。マイケル少年は生徒の中でただ一人、楽器から明朗な音色を引き出した。彼の天才的な才能は「音楽体験第一日目」にして大きな注目を浴びたのだった。 王立音楽学校に進むも、すでに10代で演奏家としての確固たる地位を築いていたため、ほとんど授業に出られなかったマイケルは、それ以来、常にイギリスの、いや世界のクラリネット界の先頭を走ってきた。今や大巨匠と呼ばれる彼の音はまろやかで、深い呼吸と共に語りかけるような美しいフレージングが圧巻である。また、目にも止まらぬ速さで動く指先、クラリネット演奏の常識をくつがえす超絶技巧に、皆さんはきっと驚かれるに違いない。明るい笑顔で嬉々として舞台に駆け上がる気さくな人柄にも魅了されることだろう。 プログラムは、マイケルと同じ英国の作曲家フィンジ、少し管の長さが短いA管に楽器を持ち替えて演奏する夢見心地のシューマン、そして溌剌としたプーランクという、マイケルのいろいろな面を聴いていただける選曲となっている。ピアノパートも重要な曲ばかりなので、エキサイティングなデュオコンサートになることは間違いない。一人でも多くの方に聴いていただければと思う。

---------------------------------------------------------------

マイケル・コリンズ(クラリネット)/小川典子(ピアノ)

開催日時  5月 4日(金) 15:45~16:30

会場    びわ湖ホール 中ホール

公演番号  4-M-3

出演者  マイケル・コリンズ(クラリネット)/小川典子(ピアノ)

公演詳細は、こちらをご覧ください。

---------------------------------------------------------------

円熟を聴く 小川典子(ピアノ)

開催日時  5月 4日(金) 11:00~11:40

会場    びわ湖ホール 小ホール

公演番号  4-S-2

出演者  小川典子(ピアノ)

公演詳細は、こちらをご覧ください。

なお、こちらの公演は、チケット完売となっております。

---------------------------------------------------------------

クロージングガラコンサート

開催日時  5月 5日(土) 17:30~18:30

会場  びわ湖ホール 大ホール

公演番号  5-L-3

出演者  沼尻竜典(指揮)/マイケル・コリンズ(クラリネット)/森谷真理(ソプラノ)/市原多朗(テノール・特別出演)/京都市交響楽団

公演詳細は、こちらをご覧ください。

コリンズ_DSC9948.jpg【中】小川典子2(c)武藤章.jpg

PAGE TOP

SNS公式アカウントSNS Official

beyond2020

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、 日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018はこの取組を応援しています。